花粉症の症状緩和に

気温も段々と上がってきて、スギ花粉のアレルギー症状をお持ちの方には

辛い時期になってきています。

当院でも、へそ灸や鍼灸治療を用いた症状の緩和をご案内しております。

体温が36℃以下になると、自律神経の不調が起こりやすくなり、

交感神経または副交感神経優位の状態が過剰に続くと言われております。

副交感神経優位の状態で免疫力は上がりますが、その状態が過剰に続くことで

免疫機能も過剰に働き、アレルギー反応も強く起きてしまいます。

「へそ灸」では、比較的皮膚が薄く、毛細血管が張り巡らされている「へそ」周囲を

放射熱で深部まで温めることで、

・体温の上昇

・血行促進

・腸を含む臓器へ熱を送り、機能(免疫機能)の正常化

・自律神経機能の調整

といった効果があり、花粉症の症状緩和にも期待できます。

へそ灸単独でも効果はありますが、鍼施術も併用して頂くと、

より大きな効果が現れ易くなります。

まずは、症状をお聞かせ下さい。

つらい状態を少しでも緩和して、春を楽しい季節に変えて行きましょう!

対応メニュー:30分以上の鍼灸施術[へそ灸併用の場合は、1,210円(税込)の追加料金がかかります]

(へそ灸単独をご希望の方は、お電話にてご連絡下さい)

前の記事

新アイテム導入

次の記事

ご来院時のご案内